指定知的障害者支援施設しらたき工房

事業内容

就労継続B型事業(定員 50名)

就労糸迷続B型では、木工・手芸・革・園芸・受託の各作業を行っています。
作業支援を中心に、就労の機会の提供及び必要な訓練を行います。

木工班

就労継続B型事業 木工班

木工製品を中心とした製品を作っています。特に組立て作業や糸のこ作業、みがきなど繊細な作業が多いため、工程を1つ1つ確認しながら正確に作業できるよう支援しています。

手芸班

就労継続B型事業 手芸班

革製品や手芸製品を作っています。製品の数やそれぞれの作業工程が多いので1つの作業のみならず色々な作業に挑戦し、作業の幅が広がるように支援しています。

園芸班

就労継続B型事業 園芸班

季節の野菜を中心に栽培しています。年間を通して野菜を提供できるように冬場はハウス栽培にも取り組んでいます。土作り、草取り、苗植え、収穫等の作業を一人ひとりの利用者に合わせて声がけや見守り等支援しています。

受託班

就労継続B型事業 受託班

企業から提携し依頼された受注品の作成をしています。企業から決められた作業を丁寧にかつ正確に行えるよう支援しています。説明書等の袋入れや保証書のスタンプ押しなど、企業の二ーズに合わせて随時行っています。

生活介護・地域活動支援Ⅱ型事業(定員 15名・5名)

生活介護・地域Ⅱ型では、見守りや声がけ、必要に応じての一部介助等生活支援を中心に、創作活動や余暇活動、作業活動など利用する方の要望に合わせながら、個人の目標にむけて個別に対応しています。また、ご自宅で入浴が難しい方などその方の二一ズや希望による入浴支援も行っております。地域での活動を通し、社会経験を高めていくための買い物活動や公共施設の活用と見学、博物館見学、人気の高いカラオケ大会など様々な行事を取り入れています。施設全体として行っている誕生会、クラブ活動、季節行事などにも参加しています。

日中一時支援事業(定員 5名)

日中における活動の場を確保するとともに、家族の一時的な休息や、通院等の緊急時に一時的に利用が出来ます。活動内容に関しては、個人の状況に合わせ、文化的活動や余暇活動、入浴などを提供します。
提供時間:7:30~18:00(1日2時間以上)

指定特定相談支援事業

しらたき工房では平成25年8月1日より「指定特定相談支援事業」をスタートいたしました。障がいのある方やそのご家族の方々が安心して相談できる窓口として、相談支援専門員を配置し、障害の種別にかかわらず幅広くさまざまな相談に対応しています。 しらたき工房では基本相談支援の他、障がいがある方のご希望をお聞きしながら、「サービス等利用計画」を作成する計画相談支援を行っています。また、障がいのある方の家族が抱える問題について、その悩みや不安、介護負担等の解消を図るよう関係団体や公的機関などへのネットワーク作りを行っています。